落し穴かもよ。

呼吸のタイミングって、体で覚えちゃうとあまり気にしないで泳いじゃうものかもしれないけど、
これがまた、「落し穴」だったりするんじゃないのかな~なんて最近思う。

ウチのクラブで初めてクロール呼吸を習った時、「呼吸する側の掻く手が目の下に見えたら頭を上げ始める”と教えられたの。
で、リカバリー動作で腕が前に戻る動作と一緒に顔が戻る。
うまく表現出来るかわからないけど、このタイミングだとプルの動作が頭を回す動作と一緒になってやりやすいといえば、やりやすい・・・のかな。
ただこれ、1つ間違えると掻きの勢いで頭を回し、水を下に押して頭を上げてしまう。
ただでさえ、初心者の時は頭全体を上げたくなっちゃうのに・・・。
しかも、顔を横に向けている間と腕が上がってる間がほぼ同じになってるから、体が縦気味になって沈みやすくなるんじゃないかと思うの。
で、どうなるかっていうと足を開いて体が沈まないようにしちゃう。

私ももちろん、最初はこのタイミングで呼吸を覚えたわ。
ただ、”キレイな形”に拘ってたから(笑)、呼吸してるかしてないかわからない競泳選手の形に憧れて頭を極力水面から出さないようにしてたけど、
それでも意識が必要で、疲れてくると簡単に頭が上に上がってしまう。

そんな時にKコーチから、呼吸を入れるタイミングを”速く”するように指導された事があったの。
リカバリーの手を優雅に見ながら呼吸してちゃダメだと。
「そんなぁ、、、、、、、、。」って感じよ。
速く戻そうとするとまともに呼吸が出来ない。こりゃ、どうしたものか・・・。
その時、ない頭で考えたわけね。
リカバリーの時にはもう頭を戻してなきゃいけないなら、『早く呼吸動作を早く始めればいいんじゃないの。』
というわけで、伸ばした手の動かし始めと同時に頭を回すようにしたわ。
な~んの問題なし♪
後になってM先生から更に速く「(呼吸とは反対側の)掻きが見えるようなタイミングで顔を戻して。」と言われたのにも繋がったし。

考えると、呼吸のタイミングって大事なのよね。
ウチのクラブの初心者への呼吸の教え方だと、上達するには一度タイミングを見直さないといけないみたい。
平泳ぎなんか最たるものかもしれない。
初っ端からタイミング違っているんだもの、どうにもならなかったはずだわ、私の平泳ぎ。

| | Comments (2)

寄り道、上等よ!

今日はTNさんと板キック練習。
彼女が何度やってもうまく進まないバタ足に”私は足首が硬いから・・・”と言い出しても相手にしない事にしたわ。
泣き事を言っても、やっぱり彼女はキックが速くなりたいし、頑張る人だって知ってるから。
だったら、やるしかないわよね。

私ごとき者の目で見ても、彼女のは体の前キック。
浮かんだ体の前って事は水の中になるわけで、足の上下運動を深い位置でやれば、そりゃ、疲れるわよね。
皆に「蹴り幅が大きい」と言われるって。
蹴り幅が大きく見えるのも、蹴りが体の前だけで行われてるからだと思うのだけど・・・。

さて、どうしたものか・・・・。
アップキックなんて言ったって、わかりゃしない。
私もわかんない。
体の前でしか脚が動いてないなら、いっそ、極端に動かしてみたらどうだろう・・・ってな事で、
「水面叩くようにキックしてみて。」って言ってみた。
膝を曲げて、スネで水面を叩いていたように感じてたみたいだけど、見てる限りは足首辺りが水面に出るちょうどいい感じのキックになっていた。
これが意識と実際のギャップなんだろうなぁ・・・、難しいな。

でもって、「板キックでビート板に体を預けるっていうのがわからない」って言うから話を聞いていたら、
板キックしているうちに吐き気がしてくるくらいガチガチになるらしい。
特に肩。
”どうしてそこまで力を入れられる?”って思うくらい。

”グライドキックなら、ならない。”
なら、グライドと同じような姿勢になればいいんじゃない?
腕の間に埋もれる感じにして体を低くして。
頭は目が出てたらいいわよ。
呼吸は顔全部上げなくても、口だけ水から出れば出来るし、ね?

たったそれだけの事で力が抜けた。
ホントちょっとした事だけど、このほんのちょっとがわからないのよね、本当に難しいな。

これだって、いいのかどうかわからない。
でも、出来ないのなら同じ事続けていてもしょうがない。
寄り道、上等だわね。(笑)

| | Comments (2)

キック練習のススメ。

一人で泳ぎ込みが出来ない私だけど、レッスンがなくてもプールには行くの。
で、仲間の練習風景を眺めたり、入り込んだり(邪魔したり)する。
練習にブームがあるわけじゃないだろうけど、ここのところ、何故か皆バタ足の研究中らしくて、立て続けにバタ足練習に飛び入り参加(邪魔)。

キックに苦手に思っている人って割と多いのかも。
”疲れる割に進まない”って言うの。
初心者にとって、クロールのキックっていろはの”い”的に最初に出てくるけど、とりあえず進む程度で次の段階に行っちゃって、
そのまま放置される感じではあるかもね。
クロールの推進力ってほとんどストロークで、キックは浮かして置くだけの役目程度でもそれなりに泳げちゃうものなぁ・・。
だけど、置き去りにされたキックはインターバルレッスンの時に重圧になるわけよ。
練習としてはキツイし、ただ練習すればうまくなるってものじゃないのがますます嫌に理由かも。
得意な人にとっては”キックは楽”いうのにも癪に障るわよね。(笑)

果敢にパーソナルレッスンに挑む人もいるけど、うまくいかないみたい。
そりゃ、そうかもね。
子供の頃からキックが当たり前に出来たコーチだもの。
かなり以前に大人になっちゃった人のキックが進まない理由なんて想像出来ないんだと思う。
キックで落ちこぼれかけた私に苦労話を聞く方がよほどマシ・・・かもよ。(笑)

キックなんてものは、自分でなんとかしない限りは上手くならないのよ、きっと。
ただ、うまく進まない理由は個々それぞれだし、やっぱり少し考えないといけない事かとも思うの。
それは原因(足首の柔軟性とかね)の事かもしれないし、コツかもしれないし、考え方かもしれない。
『キック単体で速く進まなくてもいい』と割り切っちゃうのも一つの手だけど、
とりあえず考えながら努力してみなけりゃ、抜けれる道も抜けれらないとは思うな。

自分の事はいざ知れず、他人の事は見えるのよね。丸見え。
だから、気がついた事は伝えたりするんだけどー。
よく言われる”膝から下だけ曲げるキック”も蹴る位置によって、違うキックのように見えるわね。
膝から下だけを上に(後ろ?)曲げるのは同じでも、水面叩く人(あまりいないけど。)と、下半身が落ちてる事で水中で足が動く人。
もう一つののタイプの”膝の曲げ伸ばしだけのキック”の人は多いかもしれない。
(これがアップキックが出来ないっていう事なのかな。)
蹴り下ろしがないとかいう人もいるけど、でも、そうすると最後まで力を入れてキックしようとしちゃって逆効果なんじゃないのかなぁと思うの。
この前、「蹴った後、膝の裏伸ばすの意識してみて」とか言ったら、良い感じに変わったし、
「体から足先が離れたところある意識でキックしてみて」というのもなかなか良い感じだった。
膝裏、勝手に伸びるのね。

昨日、びっくりしたのは、まさかと思ったけど言ってみた「力入れずに足首を伸ばして、甲で蹴って」。
途端にキックが変わったの。
”足の甲で蹴る”意識って当たり前の事だと思っていたから気にもしてなかったけど、「今更、ポイントはここだったの!?」って感じ。
水圧でしなるっていっても、前段階に必要な意識あるんだわ。
大人って厄介ね。

| | Comments (2)

タイルが友達。

まさか水泳を習い始めた早々、いきなり落ちこぼれるとは思わなかった。
そう、それはバタ足。

なんで進むのかは未だにわかってないだけど、あの時はもっともっとわけがわからなかった。
初心者レッスンに出られてる方を見ると、私より年齢の高い方のように見えたから、
ホントの事言うと、私だけ、トントンと上手く泳げるようになっちゃたりして~なんて思ったりしてた。
それが・・・、バタ足で挫折。
ちっとも進まないからしばらくバタバタしては立ちあがり、歩いて皆さんを追うのを繰り返して知らん顔してたけど。

レッスン終わってから練習したけど、「動かざる事、山の如し」よ。
下に見える同じタイルを見つめ続けて十数秒。
トントンと背中を叩かれた。
立ちあがると、御年70歳は超えられているだろう白髪のマダムが一言。
「あなた、全然進んでないわよ。」
わかってるわい!・・・とは言わなかったけど、現実じゃなく、対処を教えてくれ~と思ったわ。
まぁ、今思うと踵を曲げたまま打ってたんだと思うけど、別な意味であまりにも器用よね。

あれをどう乗り越えたかあまり覚えてないんだけど、とにかく、バタ足練習はホントにしたわ~。。
ずっと後で、スイム仲間が私の最初の印象を「バタ足の練習しかしない人」だったと聞いて、思わずのけぞったくらい。
それしか出来なかっただけだけど、あまり人話す事もしなかったから、
さっと来てキックだけしてささっと帰る変わった人に見えたんだと思う。
そういえば、あの頃はタイルが友達だったの。

クイックターンが出来なくなってから、またタイルが友達になったような気がする。
旧友に会えても全然うれしくないんですけど?

| | Comments (2)

呼吸練習の不思議。

子供が腕用浮き輪をつけてる姿はとても可愛らしい。
コーチ達の幼い事もあんなふうだったのだろうかと思うのも結構楽しい。
あのKコーチが泣きながらトイレに閉じこもってたなんて、絶対、笑える。

キッズの腕用浮き輪を、大人の初心者向けのクロール呼吸習得の為に使うのって、私の行くクラブだけなのかな?
私はこれが嫌いで、レッスンで出てくると浮き輪の空気をほとんど抜いていた。
(時々、片手にビート板を持って呼吸練習している人も見かけるけど、同じよね?)

浮き輪を伸ばす方の手首につけて、呼吸動作の練習するんだけど、当然、浮き輪で手が水面に浮くわけで・・・。
手が上がってたら、頭は上がるし足は下がる。
そんなふうに覚えるからかな、、、伸ばした腕は浮かしたままで、掻く方の腕の勢いで頭をあげようとして、体が持ち上がる人が多い。
それじゃ、抵抗になって呼吸動作の度に止まちゃうよ~ってか、
”いったいストリームラインはどこにいったんだ?”

そこで、初心者koukoは考えたの。
ストリームラインを崩さないようにするのは、体が上がっちゃダメなのよ。
格好悪いし!←ここ大事。
ではどうするか・・・。
『口だけ水面から出せば良いんだから、顔だけ横向ければ良いんじゃない?』
結構、名案だったんだけど、フラットに浮かんだまま横向いたんじゃ、もう少しのところで水面から出ない。
「ここで、爆発呼吸!」とか思っても、その時点のレベルでそんな芸当出来るなら苦労しないし。
なら、天井向いちゃってもいいから、まわしちゃえ!って、思いっきりまわりました。
くるっくる♪
おかげで、クロールからバックに泳ぎを変えるドリルか得意になったわ。

そのうち、そこに肩を前に出す動きが加わればな~んてことなく簡単に出来る事に気がついた。
そしてこの動きって、”横泳ぎ”で練習出来るって。
それから、ずっと一人で横泳ぎで呼吸の練習してたっけ。

呼吸練習、どうして、皆は横泳ぎでしないんだろう。。。
ノーブレで泳げるなら、浮き輪やビート板使うより、余程、横泳ぎの方が楽だと思うんだけどな。
何か違うのかなぁ。。。。
いうも不思議に思っているのだ。

| | Comments (0)

フロント・クワドラント・タイミング。

文才のなさ露呈。今更ですが・・・。
まるで”速いスイマー”に誤解させてしまう文章になってたようで・・・。
すみません。(汗)
おかしいなぁ、、、、「末端中年スイマーのぼやきブログ」なのに。
どこでどう間違ったのやら。

******

クロールの手の入れ換えを教えられたのは、もう本当に初歩の頃。
ブンブン勢い良く腕を回して泳いでいたら、「体の前に腕がない」と何度も言われたけど、意味がさっぱりわからなかった。
そのうち、キャッチアップドリルを教えられて、”肩より前にどちらかの腕がないといけないのね”って感じで理解。
それから、限りなくキャッチアップ(手首の位置で入れ替えるみたいな?)に近いタイミングで泳いでいたんだけど、なんとなく周囲と少し違う気が・・・・。
他に私のようなタイミングで入れ替えてる人いないんだもん。

だから、手を入れ替えるタイミングを調べて、出て来たのがフロント・クワドラント・タイミング。
”なるほど~。それで?”ってな事で、また調べたら、どうも、フロントクワドラントは長距離向きのよう。
『確かに25mをダッシュで泳ぐ時、このタイミングじゃないなぁ。』思ったのを覚えてる。

リカバリーの腕が前に戻って来た時に、伸びてる方の腕が落ちて来る自然な動きにまかせて掻けば、いわゆるコンテニュアスクロールなんだと思うけど、。
これをポポフで有名なカヤッククロールと同じと言ってるサイトもあるけど、でも、そうなのかなぁ?
ポポフのは本当にまるっきり左右の手が180度じゃない?
あ~、でも、ストロークの速さが一般人は違うか。

今は、私、コンテニュアスクロールで泳いでるんだけど、もう少し、残してみてもいいのかな?なんて思ったりしたり。
試行錯誤は続くのです。

| | Comments (0)

酸素がいるのよ。

スポーツクラブでクロールの呼吸を習った時、”ぶくぶく、ぱぁ”と言いながら呼吸をするという練習がありました。
水中で”ぶくぶく”息を吐く。水中から顔を出して”ぱぁ!”と息を吐く。
って、吐くばっかりなんですけど?

「口を開けて強く吐けば、自然に入って来るんです。」
・・・・って言われても・・・・、入って来ないものは入って来ない。
だから、水から顔が出たら思いっ切り息を吸って呼吸する事にしました。
どうせ、コーチにはわかるまい。
人間には酸素が必要なのよ!

それからしばらくした頃、どう見てもちゃんと呼吸が出来ていると思えるのに、途中で「息が苦しい」と立ってしまい25mが完泳出来ずにいる年配の女性がいました。
何度トライしても途中で立ってしまう。
彼女を教えていたIコーチに「もう、僕に言える事は何もないです。」とまで言わしめた。

これって私と同じ轍を踏んでる?
それで一言、「”ぶくぶくぱぁーあ!”の”あ!”で肺に酸素が入るように吸ってみて。」と言って泳いでみてもらいました。
はい、25m完泳~~~♪
Iコーチ、びっくり!

誰もがそうとは限らないけど、子供と違って大人は頭で考える分、力が入っちゃうんですよね。
吸うという指令出してやらないとパァーと吐いたら吐きっ放し。
機転も融通も、そう簡単には利いてくれないのだ。

| | Comments (0)