覚えていられるかな?

昨日、御指導いただい事の考えるポイントがずれてたみたい。
おかしいと思ったら、やっぱり、おかしいのね。

指先が下に向く事によって、私はウェーブ泳法になってるのかと思ったの。
だから、リカバリーの時の指の向きとか腕の高さを気にしていたのだけど。
どうもわからなくて。
ウェーブと思うほど下がってるとも思えないし、まして伸びてないし。(笑)
こりゃ、悩んでいるよりさっさとお聞きした方が良さそう。

M先生にお聞きしたわ。
先生がおっしゃるには、
開いて行く腕が斜め上に向かって掻いていてそれが上がり過ぎて泡をまとっていたので、もう少し水の中で横を掻きなさいという意味で
”腕を前に出したら手の平を横に広げて行く動作にしてみて”と言われたのだそう。
私が斜め上に掻く原因を指先が下を向いている事で、腕が(身体じゃなかった。)引っ張られて下がり、そこからいきなり上に掻こうとするからと推測されたみたい。

お聞きしている最中に気がついて頭抱えたわ。
斜め上に掻いてしまうんじゃなくて、わざわざ自分で斜め上に掻いてたんだもの。(汗)
そうだった!!
平泳ぎで教えていただいた「上を掻く」は、
斜め上に向かって掻いて行く事じゃなくて、自分の体の上の方っていうか・・耳を腕で挟んだ姿勢で掻いて行く事だった。
ああ、もう、自分の文章なのに自分が混乱しそう。(笑)
文才が欲しい~~。

今はわかったつもりだけど、年明けまで覚えていられるかな?

| | Comments (0)

無用の長物・・・。

平泳ぎ最終、そして今年最後のM先生のレッスン。
はぁ~~~~。(←ため息)

今回の平泳ぎレッスンのポイントは前に戻す手(腕)の位置、その一点に極まってたと思うの。

この腕の位置を高いところに戻す事で、体が下に下がっていかないフラットな平泳ぎが出来る。
平泳ぎが泳げれば良いというのなら、ウェーブを使って長く伸びる泳ぎでOKだけど、
大会で泳ぐ、それも25mとか50mならばそれなりにピッチを上げて行く必要がある。
ウェーブで下に行ってしまうと上がるのに時間がかかりピッチが上がらない。

今日は何度か泳いで個人的なアドバイスを戴いたけど、
私への御注意は終始、この、前に戻す手(腕)の位置の事だけ・・・・。
合わさった手の指先が下向いちゃってるみたい。。
手首、柔らかくて曲げられちゃうのよ。
この無駄に柔らかい体のおかげで、何度壁に突き当たった事か!
水泳は「柔らかければいいってものじゃない」って、Mコーチもおっしゃってたけど、ホントに無用の長物・・・。
それなりに頑張って、壁、蹴破って来たけど・・、またなのぉおおお~?!って感じ。(泣)

指先が下に向いてる事で、体がつられて下に下がって行ってしまう。
なので、前に出した手を突き出したままにせず、”腕を前に出したら手の平を横に広げて行く動作にしてみて”とのご指導。
やってみたけど、、、「ほとんど変わってない。」って。
これ難しい~。
動かし方の意識が違うようだ。
この動作以前の肘を体に寄せるところで力が入ってしまうと窮屈になる事の影響もあるみたいだし。
練習が必要。
ただ、どういう意識で泳いで行くのか、どういう感覚になればMコーチの要求してる泳ぎになっているのか。
ちょっと迷いどころ。
これがわからないと、コツも掴めない。

クラブの休みは長いし、、、。
正月休みはキツイなぁ。。。

| | Comments (0)

難しい~。

昨日、私がホームにしてるクラブの事を仲間と話したの。
クラブの方針が変わって、コスト重視でカットばかり。
削れるものは削れとばかり、契約のインストラクターは切る。営業時間は短縮する。スタッフの数は減らす。
それで少数精鋭になるわけがないからサービスは低下。
満足するプログラムもなくなるから会員がやめて行くの。
会員が減少するから、ますます、いろんなサービスをカットする。
見本のような悪循環。
「誰か気付け!」と思うけど、気付く人は会社を動かせる地位にはなくて、結局、辞めていくのよね。

サラリーマンコーチがスイムのリーダーなのも人材がいないから。
そういう事なんだ・・・。
私に水泳と出会わせてくれたクラブだから、愛着があるのに・・・。
とても残念、すごく残念。。。

//////////////////////////

さて、本日のブレストレッスンのお題はリカバリー。
手を戻す位置について。

とは言いながら、結局泳ぎ全般。
先週に引き続き、
肩甲骨を伸ばして遠くを大きく掻く。
自然に肘が曲がるまで開く事。
力で持っていくのではないが、肘を締めるイメージを持つ。
リカバリーは肘の位置を高いままに前に。
少し手を上に向けるイメージを持つ。

先週と同じく泳ぐ感じは悪くない。
でも、細かいよ~~。
キックのタイミングしか注意を受けなかった頃に比べれば上達はしてるんだろうと思うけど、本当に難しい~。(泣)

| | Comments (2)

耳を挟むのだ。

本日、平泳ぎの2週目。

もしかしたら、M先生が教えようとしている泳ぎの全体像が薄らと見えて来たかもしれない・・・。
勘違いじゃなければ良いなぁ~。
勘違いでも良いけどね。(笑)

平泳ぎのストリームラインは耳を腕で挟むように。
クロールとバックは、耳の後ろまで腕を持っていった方が姿勢が取りやすいが、ブレストは耳を挟む。

ノーブレの平泳ぎから、普通の平泳ぎへ(ドリル)

○キックは後ろに押すキック
○掻きは斜め上に広げる。
○今よりもう少し遠くの場所を広げるように。(肩甲骨を使う。)
○大きく広げる。
○脇を速く締めようとすると力が入るから、自然に。
○リカバリーは素早く指先を下に向けないように。手ではなく、肘を前に出すイメージ。
○ストリームラインは、伸びの後半に視線を下に向ける。
  斜め前方の床から、若干、自分の腹辺りの床に視線を移す事で頭が入る。(耳は挟んだまま。)

進むのはストーリームラインの時。
その進んでいる途中、もしくは浮いてしまってから掻くのは×。
掻き始める時は、体は思うより水の中、真っ直ぐの姿勢の時。
体を斜めにしてしまうと窮屈になる。
(マスターズでピッチが速い人は早く浮く人で、掻きのタイミングと合っているから進む。)

「もう少し遠くを大きく上に掻いて行く意識。
体が一緒についていかないようにする事。

| | Comments (2)

平泳ぎ始まりました。

12月、平泳ぎ始まりました。

<平泳ぎのキック>

○回すキックじゃなく、押すキック。
○斜め下にタメを作って蹴る。

いくつかのドリルの感触は悪くはなかったように思うけど、なにせ自分では見えないもので・・・・。
M先生に言われたのは小さい声で『良い感じ。』っていう、ちょっと微妙な褒め言葉的なのと、
『リカバリーの手が下に向かうから小指と薬指を水面這わせるように。』(←キックはどうなんでしょ?)

キックだけなら意識出来ても、手がつくと足の動きもタイミングもにどうなのさ?みたいな・・・。
ただ、少し前に忘れていた事に気がついた”タメ”はやっぱり大事だと思ったわ。

///////////////////////

引き続いて、今日はパーソナルレッスンでも”平泳ぎ”

「今はどんな感じですか?」って、M先生はいつもまずお聞きになるのだけれど、
いつも明確に自分の問題点を掴めてるわけでもないので、結構返答に困る事もあるの。
今日なんて、まさにそう。

M先生に教えていただき始めた頃、私は平泳ぎがほとんど泳げてなかった。
この前そう言ったら、「ビフォーアフターで画像撮っておけば良かったね。」って言われたし。(笑)
何度も何度も何度も同じ事をご指導いただいてるのに、勝手に迷ってあっち行ったりこっち行ったり。
でも、今日は何だか今までずっと持ち続けてた疑問が解けた気がした。

○視線を上げるのが早い。
○手を開げていく場所が低い。
○掻きで肘を曲げるのが早い。
○リカバリーの手は高い位置に。
○キックに連動して、肩甲骨を伸ばしていく。

全部連動してる動き。
一つずれると全部がずれる。

昨日のTNさんじゃないけど、泳ぎって、体の前(下)だけで動くんじゃないのよね。
わかっているつもりで理解してなかったな。

見えないとこにも世界はあるのさ。(笑)

| | Comments (2)

要、練習。

本日のプライベートレッスンも「平泳ぎ」。

ここに来て、な~んか全体像が掴めてきたかもな、の平泳ぎ。
どこをどう攻めるべきかは、まず、相手を知らねば!なの。
って何回繰り返したかなぁ・・・・。

でも、確実に進歩はしている!はず、、、多分。

大きく掻き過ぎてて、ピッチが上がらない気がしていたのだけど、問題は頭を上げるタイミングだったようだ。

○手を広げるのに合わせて頭を上げてくるのではなく、私の場合は、水の中で広げる間は頭も水の中。肘を寄せるタイミングで頭を上げていく。
○掻きは、、結果的に、大きく開いた時点の肘の位置を支点(動かさない。)にして、お米研ぐみたいな感じになる?
○リカバリーは真っ直ぐに。上に上げたり、下に深く持っていかない。
○ストリームライン、私は、顎を引いた方が進む感じがする。
○キックの後、足が下がらないように。ストリームラインを確認。(感覚として、頭が下がっている感覚。)
○キックの引き付けで膝が開かないように。(<>こ~んな感じになってた。(汗))
○キックは壁を押す。(ワタシ的には足のくるぶし側で後ろに押すイメージ。)
○太ももの内側に力。足の先だけがつくのはダメ。それならば、大の字になった時の足の状態の方が良い。

さて、練習、練習。

| | Comments (2)

ブレストは奇々怪々。

ブレストって、泳ぎのセンスが一番必要とされる泳ぎなんだそう。
だからか!いつまでたっても理解不能なのは・・・・。

でも、ブレストを習い始めた時に誓ったのです。
『いつかブレストのkoukoと呼ばれるのだ!』と。
それを聞いていたEコーチに本気で大笑いされたけどさ。

そういうわけで、今日のパーソナルレッスンは「平泳ぎ」。

伸びないとか、タイミングが合わないとか・・・、何だかおかしいぞって時は、
「ノーブレで泳ぐと良い」とM先生にいつも言われます。

「体が上がり過ぎてる」と言われたので、前のめり気味に泳いだら、「つっこむタイミングが早過ぎて、伸びに繋がらない。」。
「まだ伸びてる最中に、掻き始めてる」と言われたので、伸びを意識したら、「伸び過ぎ。」。

「伸びは長くても短くてもダメなんです。」

平泳ぎを流れとして感じるにはまだ時間がかかりそう。
ああ・・・、道は険しい。

| | Comments (0)