いつか~きっと~~。

M先生がレッスンで説明している時、受けてる人のリカバリー動作をして見せたのだけど、
それが本当にその人のリカバリーそっくり過ぎて笑っちゃった。
当たり前かとも思うけど、うまいなぁ。。。
前にKコーチが、「人の顔は忘れても、泳ぎを見ればどこの誰だとすぐわかります!」って自慢してたっけ。

本日、背泳ぎの最終回。

<復習>
○背泳ぎのエントリーの場所は、ビートの長い方を横にして、上の角に指にかけ、前腕の上に乗っけてバックキック。
 (上から指をかけるのが狭い時は横から指をかける。)
○リカバリーは体の真ん中、高い位置を通して回す。ただし、前半のみ。
 後半まで(エントリーするまで)それを意識するとエントリーの位置が遠くなり過ぎ、うまく掻けない。
○入水する時、直前に少し手の平を外に向ける。
○腕を回している時は肘を意識する。

<個人指導>
○ほぼ、OK。個人メドレーの時は頭の位置を変えずに目線を足元側にシフト。(自然に顎が上がって来るはずなので、調整)
○OK。少し右側の傾きが大きい。腰がぶれているわけではないので、それでも良いが均等にする為左側を深くする意識を持って見る事。
○左側への傾きを意識し過ぎて、頭もふらついてる。(笑)
○リカバリーが中心線を通す事がおろそかになってしまった。

1本目が一番良かったかも~~~~。(汗)


「背泳ぎ、意外に指導される事が少ないなぁ~。」なんて言ったら、
「こりゃまだ無理だ、っていう時も言わないんだよ~~。(笑)」なんて言われたわ。

来週から、平泳ぎ!!
いつか~きっと~速くなるわ~~♪

| | Comments (3)

要はタイミングなのだ。

<背泳ぎレッスン>

サボってたので、いきなり背泳ぎの3週目。

先々週は姿勢、先週は手のタイミング。
・・・と書くと、初めの頃と課題は同じだけど、内容は変わっている。
なんとなく・・・感じてたけど、最近は確信。
『上手くなっているからよねぇ・・・』とは思うけど、世の中、勘違いはどこにでもあるわけでして。
まぁ、ただ、少しは上手くなってないとM先生に申し訳なし。
という事で、”上手くなっているから、細かい指導になって来たんだなぁ・・”と実感。
・・・って、回りくどいわよ!koukoさん。

●フィニッシュとエントリーのタイミングを合わせる事。息を吐く事。
●エントリーの位置はダブルアームの時のエントリー位置と同じ。(思うより、外。)
●リカバリー軌道は体の中心線を通して。中心線から外。「)(」←つまり、まぁ、こういう感じ。
●リカバリー時の腕の意識は肘をまわすイメージ。手先を意識すると力が入る。
(手首から先の力が抜けていると、手首が曲がってぶら~んと遅れてついてくる感じになる。)
●肘を意識して回すけれど、天井やや、足元側、の高い一点に触る軌道。肩甲骨を伸ばす感じ。
●エントリー時に遠くに入れようとしない事。
●水面直前で小指下にして入水。
(今までは手の甲で水面を叩くように指導していたけど、入水時、少しだけ小指側を下にして入れる。
腕が高い位置にあるうちに小指を意識しない事。力が入ってしまうから。)

エントリーを深く入れる事により、腰が一緒に動いてしまわないように。
プルブイを腰の下に入れて泳ぐドリル。プルブイの一つの丸を腰のカーブにあてるので、やや下に。(4回以上はやる事。)
腰が動いてしまうと軸がずれる。
ゆっくり泳いで軸がずれるなら、試合で速く泳げば、更にずれる事必至。

個人指導
ストロークはほぼOK。
少し左手エントリーが浅いのは、右手とのタイミングの問題。(右を上げるのが少し遅れる。)
あと、顎の位置はそのままで、目線だけもう少し足元側にするとよい。

| | Comments (2)

バックのリカバリーを大きくまわす。

今日の背泳ぎのお題は「リカバリーを大きくまわす。」

◎リカバリーを大きくまわす。
 リカバリーの前半、見える部分でトップにくるようにまわす。
 肩をまわさない事!(ここはとても間違えやすいポイント。)
 肩を回して、リカバリーの後半向け大きく回そうとすると体が不安定になる。

○入水の位置確認。
○リカバリーは肘から先の事は忘れて、肘を動かすイメージで動かす。
○掻きは深くならないように。肘の曲げを意識しないように、浅いところを掻く。
○掻きに入って体が傾むく。入水時に自分で傾けてしまわないように。

◎リカバリー、手の入れ替えのタイミング。
 手がまだ上に残っている状態で下の手が戻って来ている。
 クロールでいえば、キャッチアップに近い。
 掻き始めてから、手を上げるタイミングでOK。

個人指導:顎を引き過ぎて足が下がっている。もっと天井を向いて良い。

顎の位置とリカバリーの手の高さに気をとられてたら、タイミングにダメ出し。
でも、そのおかげで手の入れ替えのタイミングについて確認出来た。
(クロールのタイミングについては明日の記事に。)

リカバリーを大きく動かす動作は確かに動かし方を間違えやすそう。
体で覚えるまでは難しい。

| | Comments (2)

つまるところはー。

なんとなく感触としては悪くなかった・・・気がする、今日の「背泳ぎレッスン」。
油断出来ないけどね。

手を上げるのとキャッチ動作のタイミング。
これ、難しいかな?
初心者の泳ぎでは、右腕動作が終わってから左腕動作が始まったりするの、確かによく見るけどー。

普通に泳いだら自然に回る気がするんだけどな、、、、。
掻きが早過ぎてもダメだし、キャッチアップ気味なのもダメ。
でも、考えて回す方がよほど難しいと思うのよ。

そんなわけで、タイミングとしては特に問題なく、御注意はキック(足)の位置(高さ)だった。
『上半身は上がっているけど、足の位置が下になって、邪魔になっている。キックをたくさん打つわけじゃないけど、もっと上げて。。。』って。
上げようと思うとキック打っちゃう。疲れちゃう~。
どうすりゃいいですか?腰かいな?
個別で見て戴いた時に質問してみよう。

クロールと同じで、泳いでる時の補助で極端なくらい体を横にされると感じる事があるんだけど、今日もそう。
クロールでは、一度その事を聞いたの。
「伸びるところ、最後は腰しかないから。」って言われた記憶。
つまり何ですか?
腕とか肩甲骨とか脇とか、いろいろ伸ばす(伸ばしたくなるけど伸ばさない場所もある)だけ伸ばして、
最後は腰入れて前に伸びるって事ですか?
って思ったんだけど、今のところそこまでの泳ぎに至ってないのか、理解不足か、まさかの聞き間違いか、で放置プレイ。

背泳ぎも腰入っちゃうんですかねぇ・・・。
「出来れば、体は横のまま掻いて」って前に言われたもんな。
体はローリング。手の掻きは浅く。
やっぱり、つまるところは体幹か・・・。

来週はリカバリーを大きく。

| | Comments (2)

胸の位置を高く。

今月は背泳ぎ。
マスターズ、高齢区分では背泳ぎに出る人が多くなるらしい。
呼吸の問題で、医者から背泳ぎ以外禁止と言われた人もいたそうな。
これぞホントの最終泳法!?

○姿勢確認。顔の角度(顎の引き具合)。下の手を少し上げてそれが見える角度。

○手の上げ方。ローリング以上に肩を内側に寄せてあげない。
 (まっすぐ上げるが、ローリングで体が傾く分、手が内側ラインを通るだけ。)
 肩で回さない。
 脇を広げる、もしくは二の腕を回す意識。(肘から先は意識しない。)
 (クロールのリカバリーなら、手のひらを先行させるが、背泳ぎのリカバリーで手先を意識すると動きが止まる。)

○胸の位置を上げる。(胸を張る?突き上げて保つ感じか?)
 最終的には、腰のラインまで上げられるようにしていく。
 それにより腕が更に回しやすくなる分、リカバリーは大きな軌道で。

○エントリーで体が沈む前に、腕を回す事。
 (ここがまだ不明。下の腕を速く上げるという事だけか?次回質問。)

姿勢を維持する体幹が必要かも・・・・・。

| | Comments (4)