後は野となれ、山となれ。

週末は新年会。
『あ~、そういえば新年だったわね、、、』みたいな。(←ボケたか。)

新年明けて変わった事といえば、正月明けから某プールの水泳教室に参加しだしたの。
初めての事はやっぱり落ち着かない。
昼間だし女性対象だし知り合いもいてくれるんだけど、私ってば、ほぼ水泳を習い始めたクラブの温室育ちだから、
初めての環境に緊張したわ。
どこに行っても平気で、すぐ人の輪に入っていける人は羨ましいけど、どっちかっていうと私は、
端っこで”ホメラレモセズ クニモサレズ サウイフモノ”でよいの。
(でも、考えようによっては、こういう人って他人に関心ない冷たい人間?。)
だからお願い。
泳ぐ前から「アナタ、先に行って。」なんて言わないでぇ~!
後ろに下がって行かないで~!
どこに行ってもやっぱり順番は難しい。


そして、今年に入って初めての大会申し込みしたわ。
何を泳いだらいいのやら。
まったく泳げる気がしないのはいつもの事だし、申し込んだら、絶対、スタート台に立つまで後悔し続けるのよね。
でも、どうせ後悔するなら、いっぱいしちゃえ!って事で、大会には頑張りが必要な種目に申し込んでみたわ。
後は野となれ、山となれ。
ど~してもダメなら、大人の解決方法(お金の無駄、棄権。)がある。(笑)

| | Comments (2)

花の200m

大会は出るのも楽しいが、見るのも楽しい。
私がまだ、参加者というより見学者だった最初の頃、(今でもそんなものだけどさっ。)
敬愛する先輩達が200m種目を泳いでいるのを見てた。

でも、200mって長いわ~。
短水路だと7回もターンするのよ!目が回るってこの事ね。
ま、私がエントリーする短水路大会じゃ200m種目はリレーだけだから、個人で泳ぐなら必然的に長水路大会のみ。

なので、私がその日見たのも長水路。
長い距離になると、年齢区分別じゃなくエントリータイムで組むのね。
お若いお嬢さんの隣に先輩SYさん(と言っても私と同い年。)がいらしたわ。
4泳法、得意不得意入り混じる200の個人メドレー。
抜きつ抜かれつが本当に面白い。
バタフライがS1のSYさんだから、入りの50mは楽に飛ばしてリード。
ところが次のバックがちょっと苦手で、隣のお嬢さんに抜かされ後ろに下がって行く・・・様に見える。
”バックだからって、バックしちゃダメだ~”なんてオヤジギャグちっくに見守っていたら、
俄然、平泳ぎで追いかけ出した。
グングン追い上げて行く。
それを見ながら、つい、
「そこの小娘、お待ちなさい!ワタクシの前を行くなんて30年早いわよ。」な~んてアフレコつけたら、
隣の人に大爆笑されちゃった。
でも、本当にそんな感じで追いついて、更に引き離しにかかるんだもの、凄い。
それから、いつか自分も200m種目泳げるようになりたいな~ってずっと思ってる。

技術はもちろん、スピードも持久力も必要でペース配分を考えなきゃいけない200m。
私の中で、200mは”花”なの。

| | Comments (2)

Mの喜劇

今更、競泳にはまる人って絶対に”M”だと思うわ。
わざわざ溜めた水の中に入っていって、呼吸制限しながら運動するのよ。
しかも、行ったり来たりの繰り返し。
絶対、「真面目」「負けず嫌い」「マゾ」の3Mだと思う。

この前、マスターズの大会の話になったの。
「いつもエントリーしては後悔してるのよね~~。」
「あ、同じ、同じ。」

エントリーして後悔。
練習しながらも後悔。
招集されて、スタート台に上がるまで後悔。
なのに泳ぎ終わった途端、『あ~楽しかった』と思ってる。
それどころか『次の大会は何にエントリーしようかな。』な~んて思ってる。

「なんだろうね、あれ。」
「どうしてだろうね。」
「本当にね。」

これこそ、真正。
Mの喜劇か・・・。

| | Comments (2)

気合い負け

今年最後の大会は、なんだかいつもに増して自分以外の皆さんが凄くスイマーに見えた。
(いや、事実そうなんだけどね。)

練習してないっていう気後れかな。
大会が連続した疲れかな。
誕生日が過ぎて、本当に区分の最高齢になったからかも・・・。
そんな言い訳け以前に、気合いからして負けてたし。

昨日、体育の日のニュースでは高齢者の体力運動能力の向上がクッキリだったとか。
「なるほど」と思う。
私は三無主義(無気力、無関心、無責任)世代とか、最初に「新人類」と言われ始めた世代で、
とにかくエネルギッシュな団塊世代とは本当に違う。
良い意味で団塊世代のガッツキ感。
憧れます。欲しいです。

逆に、若い40区分のUさんの、何かに取り憑かれたように集中していく様も、私には無理だ・・と思う。
あの若さも情熱も羨ましい。

「満足してない」
「ベストが出ない」
「悔しい」
彼女達から出る言葉はまだまだ自分は出来ると信じてるから出る言葉ばかり。

「ま、こんなものだよね~。」なんて、納得してていいのかな、私?

| | Comments (0)